チョイスグリーニングス

9/23 チョイス・グリーニングス

聖書通読箇所:Ⅰ列15:1-32、エレ26章、コロ3:5-4:1

私は聞き、私のはらわたはわななき、私のくちびるはその音のために震える。腐れは私の骨のうちに入り、私の足もとはぐらつく。私たちを攻める民に襲いかかる悩みの日を、私は静かに待とう。ハバクク3:16

この預言者は、福音の光が彼を捕らえたときの罪人の経験を、適切に書き表しています。よく物事を見極める目で見ると、私たちが大切にしてきた罪に関することが、その本当の姿で表れ、逆に良い部分は、自分たちの目には汚れた沼へと変わるのです。これが、神の方法です。つまり、神は、私たちを自己の真実と向き合わせられるのです。その後で、神ご自身の救いの真理をもって、私たちを慰めてくださるのです。福音が与える祝福の安息とは、私たちの罪が、完全な真理のうちに処分されたことを知ることです。この現実をひっ
くり返す問題はありません。 -RickMorse

罪意識と心配という重荷の下で、多くのたましいが嘆いています。誰が永遠のいのちを受け入れて、主の喜びのうちに分かち合うでしょう?-W.Leslie

関連記事

  1. 5/31 チョイス・グリーニングス
  2. 5/4 チョイス・グリーニングス
  3. 3/20 チョイス・グリーニングス
  4. 4/11 チョイス・グリーニングス
  5. 8/18 チョイス・グリーニングス
  6. 3/26 チョイス・グリーニングス
  7. 3/7 チョイス・グリーニングス
  8. 3/27 チョイス・グリーニングス

おすすめ記事

臨時休会のお知らせ
PAGE TOP
Translate »