チョイスグリーニングス

2/22 チョイス・グリーニングス

聖書通読箇所:出 13:1-14:4、詩 47-48 篇、使 7:1-29

「主は誓い、そしてみこころを変えない。「あなたは、メルキゼデクの例にならい、とこし えに祭司である。」」 詩篇110:4

メルキゼデクは旧約聖書の中でも最も注目すべき人物の一人です。メルキゼデクは、主イ エスが完全に王であり、祭司であることの美しい型として登場しています。彼は、カナン の王たちとの戦いに勝利したアブラムを、いと高き神の代表として出迎えました。義と平 和の王として、アブラムにパンとぶどう酒を与えました。これら二つのものは主イエスの からだと血とを語っているものなので、この二つの象徴は神の思いと心の結晶なのです。 これらは当時でさえ素晴らしい象徴でした。私たちは今日、厳粛に、心からの礼拝をもっ てこれら二つのものに与りましょう。 -Les Rainey

ただのパンとただのぶどう酒です。しかし信仰の目には神のしるしです。 ああ主よ。私たちはあなたに感謝を捧げます。 -unknown

 

関連記事

  1. 4/17 チョイス・グリーニングス
  2. 1/25 チョイス・グリーニングス
  3. 3/28 チョイス・グリーニングス
  4. 9/4 チョイス・グリーニングス
  5. 9/13 チョイス・グリーニングス
  6. 1/24 チョイス・グリーニングス
  7. 9/15 チョイス・グリーニングス
  8. 1/15 チョイス・グリーニングス

おすすめ記事

臨時休会のお知らせ
PAGE TOP
Translate »