チョイスグリーニングス

1/18 チョイス・グリーニングス

聖書通読箇所:創24章、ヨブ29-30章、マタ13:1-23

オネシポロの家族を主があわれんでくださるように。彼はたびたび私を元気づけてくれ、 また私が鎖につながれていることを恥とも思わず、(後略) Ⅱテモテ1:16

教会には、他の人を元気づける、オネシポロのようなクリスチャンがもっと必要です。彼は自分個人の慰めを顧みることなく、実に牢獄で鎖につながれている親愛なるクリスチャンを励ますために、自分のいのちを危険にさらすほどでした。パウロの法的立場が不名誉なものだからといって、この忠実な聖徒が、主にある兄弟を訪問するのを止めてしまう理由はどこにもなかったのです。オネシポロは、主が語られた次の表現に値する人です。 「わたしが牢にいたとき、わたしをたずねてくれたからです」(マタイ25:36)。今日、クリスチャンたちはたくさんの困難な状況に直面しています。私たちは、その痛んでいる兄弟や姉妹を元気づけているでしょうか? -KeithKeyser

イエスよ。まったく明け渡したいと願うこころに、今、あなたの霊が満たされますように。そうすれば、生ける川の水が、私たちの内なる人から流れ出るでしょう。 -Maxwell

関連記事

  1. 1/21 チョイス・グリーニングス
  2. 3/29 チョイス・グリーニングス
  3. 9/5 チョイス・グリーニングス
  4. 3/25 チョイス・グリーニングス
  5. 4/1 チョイス・グリーニングス
  6. 4/17 チョイス・グリーニングス
  7. 8/29 チョイス・グリーニングス
  8. 9/21 チョイス・グリーニングス

おすすめ記事

臨時休会のお知らせ
PAGE TOP
Translate »