チョイスグリーニングス

7/28 チョイス・グリーニングス

聖書通読箇所:ルツ3-4 章、イザ43:1-44:5、Ⅱコリ3:1-4:6

これは、主が設けられた日である。この日を楽しみ喜ぼう。詩篇118:24

クリスチャンたちは、この箇所を自分たちが、今、生きているその日を描くときに用います。しかし、文脈からすると、この日とは、いけにえが祭壇の角に縛られる日のことを指しています。すなわち、小羊が十字架につけられた日のことなのです。主は、カルバリでご自分が経験された苦しみを通して、私たちが喜ぶようにしてくださいました。主は、神の御心にご自分をささげられ、「ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座された」のです(ヘブ12:2)。-KeithKeyser

天から主は、下ってきてくださいました。主は、あなたを愛して、死んでくださいました。主の愛ほどの愛を、他に知りません。十字架を見上げなさい。あなたの王が十字架についています。それは、あなたをご自身の御座の相続者とするためです。-Whyte

関連記事

  1. 8/31 チョイス・グリーニングス
  2. 7/19 チョイス・グリーニングス
  3. 7/13 チョイス・グリーニングス
  4. 5/8 チョイス・グリーニングス
  5. 1/5 チョイス・グリーニングス
  6. 4/11 チョイス・グリーニングス
  7. 9/16 チョイス・グリーニングス
  8. 5/2 チョイス・グリーニングス

おすすめ記事

20200628 なるほどTheBibleシリーズ② 仏教、神道、キリスト教 融合できないの?
PAGE TOP
Translate »