チョイスグリーニングス

4/26 チョイス・グリーニングス

聖書通読箇所:民 6 章、箴 3 章、マコ 14:53-72

「神は仰せられた。「光があれ。」すると光があった。」 創世記 1:3

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」
ヨハネ 3:16

今まで最も偉大な奇跡は何だったでしょう?私たちが一番先に思い浮かべるのは、創造でしょう。しかしその答えは違います。全能の神がことばを発してこの世界を存在させることは比較的容易なことでした。しかし私たちの魂の贖いとなると、単なることばだけでは十分でなかったのです。神は愛するご自分のひとり子をカルバリにていけにえとして与えなければなりませんでした。すべてのことは神ご自身のなしてくださった素晴らしいわざのゆえです。それゆえに私たちの心は今日、主に対する礼拝であふれているのです。
-Milton Haack

ハレルヤ!完了しました!私は御子を信じます。私は十字架につけられたお方の血によって救われたのです! -Philip Bliss

関連記事

  1. 8/19 チョイス・グリーニングス
  2. 9/23 チョイス・グリーニングス
  3. 9/3 チョイス・グリーニングス
  4. 3/14 チョイス・グリーニングス
  5. 1/19 チョイス・グリーニングス
  6. 1/6 チョイス・グリーニングス
  7. 4/9 チョイス・グリーニングス
  8. 3/31 チョイス・グリーニングス

おすすめ記事

臨時休会のお知らせ
PAGE TOP
Translate »